女性に欠かせない大豆

大豆イソフラボン

 

大豆に豊富に含まれるイソフラボン類は、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンと構造が似ていることから「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。  骨粗しょう症の予防更年期症状の緩和コレステロールの低下肌の保湿や抗シワアトピー性皮膚炎の緩和など様々な健康効果が知られており、「骨のカルシウムの維持に役立つ」成分として特定保健用食品(トクホ)にもなっています。

お肌や骨密度、更年期症状などへの健康効果が期待されるイソフラボンですが、近年の研究により、体内でイソフラボンが特に効果的に働くタイプの人がいることがわかってきました。 その決め手は腸内細菌です。

効率的に作用するタイプの人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)をエクオールという成分に変えてくれる「腸内細菌」が活発に動いていることがわかりました。エクオールに変えてくれる腸内細菌は、乳酸菌やビフィズス菌の一部のほか、日和見菌と呼ばれる腸内細菌も含め30種類ほどが見つかっています。

エクオール

 

世界各国の研究によると、日本人は作れるタイプの人が多いようです。 欧米人はもともと大豆を食べる習慣があまりなく、エクオールを作れる人は20~30%です。ところが日本人は半分以上の人がエクオールを作れることがわかりました。日本人は豆腐や納豆など大豆食品を多く食べているだけでなく、魚・野菜が中心の和食スタイルが、エクオール産生菌にとって良い腸内環境なのだろうと考えられています。

ところが若い世代を中心に、作れない日本人が急増しており、欧米人と変わらないほどまでエクオールを作れない人が多くなってきています。

この最も大きな原因として、食生活の欧米化が指摘されています。
政府の豆類摂取量は100gが目標とされていますが、実際は約半分(56.2g)程度で、中でも若年層では豆離れが進んでいます。 腸内細菌のエサとなる食物繊維についても、目標量(男性19g、女性17g)に対し、若年層では大幅に不足しています。

この傾向がこのまま続いていくと、将来更年期障害や骨粗しょう症などのリスクの高い人が増えることが心配されています。

※以上の記述は「株式会社ヘルスケアシステムズ」様、「NPO法人女性の健康とメノポーズ協会」様のHPから抜粋または引用いたしました。

http://hc-sys.jp/soychk.html

http://www.meno-sg.net/equol/

当社が豆乳の定期購入をお勧めする理由がここにあります。

 

食の欧米化により、ご家族の大豆摂取量は減りつつある中で、調理をせずに手軽

 

にいつでもどこでも摂取できる食品。これが豆乳だからなのです。

豆乳と牛乳の違い

 

豆乳のメリットは、まずカロリーが低いことです。牛乳と比較すると、およそ2/3ほどで、ダイエット効果が期待できます。また、コレステロールや脂質も少ないので、ダイエット以外にも、成人病の予防にもなります。豆乳は単に、飲料として飲むだけでなく、いろいろな料理の下味としても、利用できるメリットがあります。

料理に豆乳を加えると、豆乳の臭みが消えますし、ダイエットをしているという特別な意識もなく、自然に体脂肪を減らすことができます。

もちろん、牛乳を料理に加えるのも栄養の面からはいいのですが、豆乳と比較してカロリーが高く、コレステロールや脂質が、多いのが気になるところです。

飲み物としても豆乳にキウイやバナナ、ヨーグルトなどをミックスすることによって、楽しみながら豆乳ダイエットを、続けることができます。

ただし、豆乳に含まれるカルシウムは、牛乳と比較して約15%ほどしかないので、乳製品やサプリメントなどから、補うようにしなければなりません。 

 

牛乳はカルシウムが多い反面、カロリーも高いのが特徴です。カルシウムは、強い骨を作る働きがあり、骨粗しょう症を予防したり、神経の緊張を緩和して、ストレスを解消する働きがあります。このため、牛乳は栄養面からいうと、発育段階にある子供や、ある程度の年令に達して骨がもろくなった人には、大切な食材になります。

しかし、ダイエットの面で比較すると、、高カロリーでコレステロールや脂質が多い牛乳は、不向きといえます。