「固形食を食べられない」、「服薬後の口直しをしたい」との方の              お役に立ちたい

数年前、病床の父がいよいよとなり、栄養補給は点滴だけというときに、摂食できるものは、ゼリーくらいしかなくなり、病院で出されるものは、色とにおいでフルーツの種類を判別できるような市販品。

今ほど、こだわったゼリーがなく、もちろん当社も開発前。

「飲むみかんゼリー」ができたときは、もっと早くできていればと後悔したものでした。

 

ここ1~2年、ご家族が高齢のご両親にお買い求められているようなことがあったり、摂食・嚥下障害向けのゼリーが販売されたりと、別の観点で注目されているようです。

 

イベント出店では、数は少ないですが、高齢のお客様もお買い求めになります。

常温保存できる、ギュット「飲むゼリー」をお勧めします

「飲むゼリー」は、ゆるく固めたとろとろのゼリー。常温で、賞味期間4か月。

常温のままでも、冷蔵庫で冷やしても、冷凍しても、お召し上がり方はお好みのまま。